【サラリーマン必見】優秀なビジネスマンほどFXで失敗する理由3選

トレードメンタル

こんにちは!

今回はFXトレードをこれから始めようと考えている会社員の方、FXトレードを現在行なっているが上手く継続的な利益が出せていない方向けの記事となります。

実はFXトレードは優秀なサラリーマン、会社員ほど勝てないと言われています。

その理由3選を本日は解説していきます。

スポンサーリンク

サラリーマンがFXトレードで勝てない理由?

①チャートを見れる時間が少ない

1つ目の理由として挙げられるのがチャートを見れる時間が少ないことが挙げられます。

普通に会社員としてお勤めされている方、特に忙しく業務を抱えている方などは、基本的に自分のでデスクにてPCの前に座っているか、商談や会議などでを使っている方が多いと思われます。

周りの目もあり、業務中に自分のスマートフォンを頻繁に確認することができない方もいるでしょう。

そのような方々が、トイレ休憩やお昼休憩など決まった時間にチャートを確認したタイミングで、大きくチャートが動いていることを確認して反射的にポジションを取ってしまうということはFX初心者のやりがちなミスとしてよくあることです。

営業など外に出ている時間が長い方は自分の時間を取れる時間も多いかもしれませんが、多くの会社員の方にとっては業務中に自分の時間を確保するのは難しいでしょう。

FXトレードにてポジションを持つ前にしっかりと分析、自分のルールに合っているかどうかを確認することは重要なことなので、やはりチャートを見る時間が少ないというのは不利に働きます。

特に初心者の方は、まずチャートを見る、検証する時間を長くすることが大切となってきます。

初心者の方は質より量が重視です。

家に帰ってからその日あった動きをじっくりと観察、検証し、翌日以降のトレード計画を考えることがFXトレードで勝っていくには重要となります。

②周りの影響で気軽に始めることが出来てしまう

FXトレードは気軽に始めることができます。

必要な条件さえ満たせば数日で口座解説が出来、即日入金トレードが可能となっています。

またCMや広告などでもよく宣伝されているので、興味を持つ方も多いのではないのでしょうか。

そしてFXトレードをやっている全体の約90%が30代〜50代と言われています。

働き盛りの会社員の方や、主婦の方が日本では最もFXトレードを行なっていることが分かります。

またこの年代の方は優秀であればあるほど、資金力もそれなりにあります

上記のような複合的な環境要因がFXを気軽に始める理由となっています。

しかし、FXトレードとは気軽に始められる見た目とは裏腹に、非常に奥が深い世界となっています。僕自身、4年間FXの世界と関わっていますが、未だに正解というものは見つかっていません

レバレッジも25倍(国内現在での規定)までかけられることもあり、短期間で圧倒的な利益を残し身を引いていく方も中にはいると思われます。

が、そのような身軽さ故、初心者の多くの方にとってこんなに楽で簡単なお金儲けはないとうつることでしょう。

なぜならFXトレードはそのことを理解していなくても、利益を挙げられることができるから

詳しくは『値動きの本質』に関する記事をご参照ください。

このようなことから、FXトレードのことをよく知らずに始められ、最終的には損をしてしまう方が多いことが2番目の理由となります。

③社会的成功とトレードにおける成功は一見似ているようでかなり違うことである

優秀なサラリーマン、ビジネスマンであるほどFXトレードで勝てない理由の最大の要因はここにあります。

サラリーマン、特に日本社会で働くビジネスマンにとって『自分』『他人』『時間』『金』の管理は必須スキルとも言えます。

それなしにサラリーマン社会で成功していくことは不可能であると言っても過言ではないと思います。

そしてそれらを管理してくためには、『自己鍛錬』『努力』『検証』といったような行動が求められます。

自分に厳しく日々を過ごしていくことで、行動を起こす際の『理由』が明確になり、自信を持って打ち込んでいくことが出来る。

これが日本社会において成功しているサラリーマンに共通していることだと思います。

つまり、自分に対してだけではなく、他人やその他事柄についても『コントロール』する力がある。

そしてこのことこそがFXトレードにおいては最も良くない影響を及ぼす経験となるのです。

FXトレードの結果は絶対にコントロールすることが出来ません。

チャートをうごせるだけの資金力や、株でいうインサイダー取り引きのようのな情報を持ってでもない限り、自分の力でチャートを自分の思い通りに動かすことは出来ません

社会で結果を残してきたサラリーマンほど、先ほども述べたように『コントロール』する力が優れています。

そしてFXトレードという未知な領域に対して『しっかりと分析をして』『それに基づき手法を編み出し』『理由を持って』トレードを行えば、『利益を挙げられる』t考えることだと思います。

しかしFXトレードはそれだけでは勝てない

『自分の思い通りに結果をコントロールすることはできない』というメンタルに関する学ばなければいけないことを、学んでいないからです。

それを学ばなければいけないということを、知らないのです

それは当然のことであり、誰も教えてくれることではありません。

誰も教えてはくれませんし、FXトレードは一見するとすごく一般的なことに見えます。

どういうことか?

ただ『値動きの方向を見定めれば、利益が出る』

そんなゲームのように見えてしまうのです。

誰だって、ある程度勉強を重ねれば勝てる。

そんな幻想を簡単に抱かせてしまうのです

なので『社会で成功してきた方法』を当てはめ、トレードを行い、最終的に損失を被ることになるです。

当然、最初の何回かのトレード、もしくは何ヶ月間かは『分析通りのトレード』にて利益をあげられるかもしれません。

しかし、FXトレードにおいては『何事も起こりうる』というのが大原則です。

突発的な『論理的ではない動き』に対応しきれず、大きな損失を被り、最悪の場合たった一度のトレードで全財産を失うことになりかねません

つまり社会の中において『コントロールすること』により成功してきたという体験がFXトレードにおいては最も大きな障害となるのです。

これが3つ目の理由となります。

まとめ

最後に優秀なビジネスマンほどFXは失敗する理由をまとめますと

  • チャートを見れる時間が少ない
  • 簡単に始められる環境がある
  • 社会的な成功体験がFXにおいては障害となる

以上となります。

これからFXtレードを始めようか迷っている方、もしくはもうすでにFXトレードを初めているサラリーマンの方々は上記の内容を参考にFXトレードを行なっていただければ幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました