2020年1月/米ドル円の振り返り

FXトレンドまとめ

コロナウイルス騒動で振り回された米ドル円の1月

お久しぶりです。明けましておめでとうございます。

前回の投稿から3ヶ月強が空いてしまいました。

個人的な事情が諸々と絡んでいたのですが、一番はモチベーションの低下です。

ブログに関するモチベーションの保ち方って難しいですね。

新年明けてから本格的に再開しようと思っておりましたが、体調不良や物件探しをしていたらあっという間に2月になっていました。

やはり習慣化されていないとなかなか厳しいですね。

2019年の3月から始めた本ブログですが、今年もなるべく更新をしていきたいと思っております。

と言った感じで今までのトレード記録に関しても再開をしていく予定ですが、こういった振り返り記事も追加していこうと考えております。

先週月曜の頭に以下の内容のツイートをしました。

コロナショックで下窓スタートとなったドル円。

月足ラインが重要なところまできていたのでツイートしました。

このまま上抜けるかと思われましたが1月が終わり月足が確定したチャートがこちら。

見事に跳ね返されました。

コロナウイルス騒動があったとはいえこれが為替。これがFX。

結局はチャートが全てです。

サポートとして二本引いてますが一本目は月足の実体として下抜けてきた模様。

二本目のサポートも過去3度跳ね返されていますが、ここを本格的に実体でした抜けてくるようだとドル円の下落が現実味を帯びてきます。

何より93円〜125円まで約7年間続いてきた三角持ち合いなのでこれを明確に抜けてくるようだと大幅な下落が狙えます。

まだなんとも判断し難い状況ですが、ここ3年ほど本当に目立った動きのないドル円にトレンドが出るかどうか待ちながら観察したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました