FX〜2020年2月第2週の振り返りと収益〜

収益

さて、2月第2週の振り返りをしてみましょう。

ドル円

殆ど動意がありませんでしたね。

強いていうなら木曜日200EMAと被ったところがロングしてもいいポイントではあったかと後の祭りですが考えられますね。ただ基本的には109.65と110.10のレンジで収まっているので僕は無理にポジションは引っ張らず適当に数pippsだけ抜くスキャルピングをしていました。

ダウが相変わらず好調なのでドル円だけでなかなか判断が出来ないかつ、中々110に乗せきらないので今はあまり長いポジションは持ちたく無いです、ドル円。

ユーロ

ユーロドルです。

かなり佳境に入って来ましたね。金曜日欧州時間はショートの利食いで若干ショートカバーが出ましたが週足引けてみればこんな感じになってましたね。

1.0387辺りから1.2561までのフィボナッチ76.4押しラインにて一度は跳ね返しているのですが今回割り込んで来ました。

経験上76.4押しや戻りを割り込んでくると100、もしくはそれ以上まで行くことが多いと感じています。ユーロ下落に拍車がかかるかどうかは着目。

ただその前にターゲットとしては

2017年4月のフランス大統領選(懐かしい)で開けた窓1.072が直近の狙い目になりそうです。

来週頭にユーロショート考え中です。

ポンド

ポンドに関してはユーロポンドで見てみましょう。

長らく守られていたライン0.8300ラインを下抜けてきそうな雰囲気プンプンです。

というかサポートラインは0.8330辺りでも引けるのですがその場合はもう実体で下抜けてきてますね。

マンスリーでも0.8250あたりが下値の目安でしょうかね。

行けば0.8000辺りまでスルッといっちゃいそうですね。

まぁユーロドルにしてもユーロポンドにしても反発したらその分上値もありそうなのでショートするにしてもしっかり損切りラインは決めた方が良さそうですね。

収益公開

今週先週とともにショボいです。

ただ大してトレンドの出てない今マイナスじゃないだけヨシとしておきましょう。

ポジション状況

先週はポンドのロング3枚捕まってましたね、、、と思ったらショートも??

よくやってしまう両建てどちらも含み損。

ポンドドルだけだどなんとも言えないですが、ユーロポンドを見てみるとやはりポンド買い(ファンダ的には買われる要素なし)なのかな。。。とも思います。

週明けショートは切ってロング一辺倒に切り替えるのもアリかもしれないです。

以上、今週の振り返りでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました